海から歩いて10分というところに住んで思うこと、感じること

私は海から歩いて10分程のところに住んでいます。

私がここへ引っ越してきたのは8年ほど前の事でした。
その頃はまだ、夏休みの海も地元の家族連れが殆どで、若い子のグループがたくさん来ているわけではなくて、とっても過ごしやすい海岸でした。
まだ、小さかった娘を連れて、よく夏の海へ遊びに行ったものです。

あれから7年。
今の海岸は、夏になるとオシャレな海の家がたくさん並んで、わざわざ電車とバスを乗り継いだ若いカップルやグループがたくさん来るようになりました。

きっと、海の家も大繁盛と言ったところでしょ。

でも、地元に人たちはちょっと足が遠のいてしまっているようです。

小さな子どもを連れていくには、ちょっと環境がよくなくなってしまいました。

昼間からたのしそうにお酒をたくさん飲んで騒いでいる若い子たちのグループ。

大人の私から見れば、たのしそうだし若いからこそ楽しめるものだと思って納得できますが、子供はやっぱりちょっと怖いみたいです。

ですから、数年前から夏の海岸には出かけなくなりました。

もちろん、それだけが原因ではありません。

ちょっと大人になった娘が、海で遊ぶと砂だらけになったり、お気に入りの水着に砂が入ってしまうのが嫌だということで、もっぱらプールになりました。

正直、わたしも海へ行った後の後始末は面倒なので助かっています。

とはいえ、せっかく海の近くに住んでいるのですから、海水浴客がいなくなる秋の海は存分に楽しんでいます。

最近は、磯の小さな生き物を観察するのも楽しくて、きれいな色のウミウシを見つけては娘と喜んでいます。

海が近くにあることは、子供にとって大きな発見が出来る場所があるという意味ではやっぱりすてきな事でしょう。

サイト更新情報

サイトの更新情報など

日付 内容
2015/02/13 サイトを公開
2014/11/16 サイトの作成を開始